■電化製品

■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■【3Dテレビ登場!!!】Panasonic・VTシリーズ

 皆様、こんばんは。明日の関東地方は、雪が混じる様ですね・・・(^^;。春か(爆)?

 さて、今回はこちらもお久しぶりな(汗)、電化製品関連のお話をしようかと思います。


 さて、遂に出ましたね・・・。え、勿論3Dテレビのことですよ♪

 最近話題になっている映画「アバター」等で有名となった3D技術。その3D技術を採用したフルHDテレビが、まずはPanasonicから今月下旬に発売されます^^!

 そのモデルは、

・TH-P54VT2
・TH-P50VT2

 とサイズ違いの2種類のモデルが発売されます。まあ、基本的に3Dは大画面用なのですかね・・・(^^;。

パナソニック 54V型地上・BS・110度CSデジタルフルハイビジョン3DプラズマテレビTHP54VT2 TH-P54VT2パナソニック 54V型地上・BS・110度CSデジタルフルハイビジョン3DプラズマテレビTHP54VT2 TH-P54VT2
(2010/04/23)
パナソニック

商品詳細を見る
↑TH-P54VT2(PCあきんど価格・\414,800)

パナソニック 50V型地上・BS・110度CSデジタルフルハイビジョン3DプラズマテレビTHP50VT2 TH-P50VT2パナソニック 50V型地上・BS・110度CSデジタルフルハイビジョン3DプラズマテレビTHP50VT2 TH-P50VT2
(2010/04/23)
パナソニック

商品詳細を見る
↑TH-P50VT2(家電専門店まいど価格・\339,800)

 機能としては、



・3D再生技術(フレームシーケンシャル方式)
・二重像低減技術
・動画解像度1,080本
・地上デジタル放送の2番組同時表示に対応
・「アクトビラ・ビデオ・フル」と「Youtube」に対応
・年間消費電力量が227kWh/年(54V型)・217kWh/年(50V型)という省電力を実現



 等という、3D機能の他にも従来のビエラの機能を網羅しており、従来のビエラに3D機能を足した様な感じです(^^ゞ勿論、3Dテレビなので「3Dメガネ」も付属していますよ♪映画を3Dで見たら、相当迫力があると思いますね・・・。

 あ、そういえば最近テレビ朝日系列の「アメトーーク」のゴールデンSPで3Dテレビについても触れていましたね^^!土田さん等が仰け反っていましたから、相当な迫力だと思いますね・・・(^^;。


 しかし、年間消費電力量が低いのは魅力ですね・・・(^^;。今まで、プラズマは消費電力が高いと思っていましたが、ここまで来ると安心出来ますね(^^ゞただ、定格消費電力はあまり変わりませんが・・・(爆)。まあ、プラズマテレビは自発光する方式なので、普段見ている時は150W位だと思いますね・・・(^^;。→明るさによって消費電力が変わるw

 勿論、ここまでエコだと「2010エコポイント」も貰えますよ^^!ちなみに、どちらも最大点の36,000点です(笑


 う~ん・・・(^^;。この3Dテレビは良いと思いますが、さすがに50V型は大き過ぎますね・・・(^^;。せめて、42V型位なら・・・(苦笑


 これから、この3Dテレビの登場によって、どう家電業界が動くか注目ですね(笑

 後、そのうち3D対応の家庭用フルHDビデオカメラが発売される様ですし、また3D対応のBlu-rayが発売される様なので、楽しみですね^^!!!今年に開催されるW杯は3D対応カメラを使い、3D対応放送を行うみたいなので、これからは3Dが主流になって来そうですね(笑
スポンサーサイト

■ダブルチューナー搭載Blu-rayレコーダーの比較(オートチャプター編)

 皆様、こんばんは。深夜からの投稿です・・・。

 さて、今回はお久しぶりの“ダブルチューナー搭載Blu-rayレコーダーの機能比較”コーナーです(^^ゞまあ、今ではモデルも入れ替わってしまいましたし、また前の記事では不備もあったので、また新たにオートチャプター編として、最新版を公開致します(笑

 まずは、比較対象機種の紹介からどうぞ。勿論最新型ですが、今回は500GBモデルでは無く、1TBモデルを比較対象としております。まあ、今ではバルクの1TBHDDが¥7,180ですし、また2TBのモデルが出たので、そこはスペックアップしても良いかな?と思った次第でございます(^^ゞ


パナソニック HDD搭載ハイビジョンBDレコーダーブラック(1TB)DMRBW870K DMR-BW870-Kパナソニック HDD搭載ハイビジョンBDレコーダーブラック(1TB)DMRBW870K DMR-BW870-K
(2009/09/01)
パナソニック

商品詳細を見る


Panasonic・DMR-BW870 2TBの1つ下のランクであるモデルです。元は500GBでしたが、HDDが安くなって来たこともあり、どうやら1つ上のランクである1TBにしたようですね(^^ゞ勿論、DMR-BW970は2TBです(笑

SHARP AQUOS ブルーレイディスクレコーダー HDD搭載500GB BD-HDW45SHARP AQUOS ブルーレイディスクレコーダー HDD搭載500GB BD-HDW45
(2009/10/24)
シャープ

商品詳細を見る
SHARP AQUOS ブルーレイディスクレコーダー HDD搭載1TB BD-HDW50

SHARP・BD-HDW50 AQUOSブルーレイの最上位機種です。どうやら、SHARPは2TBモデルを出さなかったようですね(^^ゞちなみに、このモデルは8.5倍録画が可能です^^!→Panasonic・SONYの機種は8倍録画
 ちなみに、BD-HDW50の写真が無かったので、500GBモデルであるBD-HDW45の写真を貼っております(^^ゞ

SONY デジタルハイビジョンチューナー内蔵HDD搭載ブルーレイディスクレコーダー HDD1TB BDZ-RX100SONY デジタルハイビジョンチューナー内蔵HDD搭載ブルーレイディスクレコーダー HDD1TB BDZ-RX100
(2009/09/19)
ソニー

商品詳細を見る


SONY・BDZ-RX100 Panasonicと同じく、2TBの1つ下のランクに当たるモデルです。このモデルは「アッタマ良いね♪ソニーのブルーレイ」と提唱しているモデルであり、おまかせ録画が非常に強力なモデルです。あるキーワードを入力しておけば、抜かすこと無く録画が出来る、大変賢いモデルです。勿論SONYですので、XMB(クロスメディアバー)を搭載しております。


 では、お久しぶりの評価を始めさせて頂きます(^^ゞ


2.オートチャプターの利便性

Panasonic・DMR-BW870 ★★★★★
SHARP・BD-HDW50    ★★☆
SONY・BDZ-RX100    ★★★★★


 まずはPanasonicを。実は、DMR-BW850の時からオートチャプターが付いていたようです(苦笑)。。が、前の記事では「チャプターがほとんど使えない」と書いてしまいました(滝汗)。。。まあ、もう少し調べておくべきでしたね・・・(^ ^;)。
 さて(^ ^;)、そのオートチャプターの利便性に関してですが、ほぼ全ての番組で自動的にCMを検出して、本編とCMをしっかりと分けられるようです。前の様に「DRモードで、ステレオ放送以外の時しかチャプターが効かない」ということは無く、まずどの番組でもしっかりとチャプターを付けてくれます^^!もう、この点に関しては問題無いようですね(笑

 まあ、ほぼ全ての番組に自動的にチャプターが付くという訳で、評価は5つ星ですね^^!特に問題は無いかと思います(笑


 さて、次はSHARPです。SHARPは今回のモデルからオートチャプター機能を付けたようです。しかし、やはり機能的には及ばないようで、自動的に本編とCMを分けてくれるのは良いのですが、20コマ位の誤差が発生してしまうようです(滝汗)。。。さすがに20コマずれるのはきついです・・・(> <;)!
 でも、私が所有しているDMR-XW100とは違い(爆)、自動的にオートチャプターが付けられる点は非常に良いと思います^^!

 ただ、やはり20コマ位の誤差があるという訳で、評価は2.5つ星止まりでした。やはり、20コマ位の誤差がある点は改善して貰いたいですね。。


 最後はSONYです。SONYは非常に安定しております(笑)!Panasonicが本格的にオートチャプター機能を付ける前からSONYはオートチャプター機能が付いておりましたから、やはりチャプターを分ける精度等は良いようです。勿論、本編とCMをしっかりと分けてくれますし、チューナー1とチューナー2の両方のチューナーでしっかりと分けてくれるようですし(今まではチューナー2で録画すると、6分間隔でしかチャプターが付かなかった)、非常に良いと思います(笑

 勿論、評価は文句無しの5つ星です^^!まあ、SONYは機能や操作性も良いので、一番お勧め出来るレコーダーかも知れません(^^ゞ


 まあ、評価はこんな感じです。私はどちらかというとオートチャプター機能が良ければ良いので(ディスクに写す時にはCMは不要になりますが、その時にチャプターが自動的に付いて、スムーズにCMカット出来るようにしたいので)、オートチャプターのみの評価でした(^^ゞ


 尚、チャプター等の編集機能が凄く良い機種がTOSHIBAにもあるのですが、TOSHIBAは現段階ではBlu-rayレコーダーを発売しておりませんので、除外です(滝汗)。。

 ただ、TOSHIBAは最近Blu-rayドライブ搭載のノートPCを出しましたし、そろそろBlu-rayのレコーダーが出るのでは無いか、と目論んでいます(^^ゞ

■Sony Ericsson・au S001に機種変更しました^^!

 最近、当本館の更新が滞り、大変申し訳ありませんでした。色々大変なもので・・・(^^ゞ

 さて、一昨日に携帯電話を機種変更致しました^^!今まではauのW43H(日立製)を使っていたのですが、カメラの機能が弱く、また本体に傷が多々付いていたので、思い切って機種変更しました(笑

 選んだ機種は、同じくauのS001(Sony Ericsson製)です^^!この機種はカメラ機能がSONYのサイバーショットと同様な機能が使え、記録画素数は808万画素で相当高画質に撮ることが出来ます^^!

 さすがに携帯電話なので光学ズームは搭載しておりませんが、デジタルカメラ(Panasonic・DMC-FZ38)を忘れた時に十分代用できる性能です(笑

 勿論、最近の携帯電話に搭載されているワンセグ(地上デジタル放送の移動体機器向け放送。地上デジタル放送中の1セグメントを使用して放送している)も搭載しており、PCサイトビューアー・LISMOプレーヤー等も搭載しています。

 また、Bluetooth機能も搭載しており、PCに簡単にデータをコピー出来ます。まあ、S001のMicro SDスロットは電池パックの奥にあるので、電源を切らないとデータをPCにコピー出来なかったのですが、これは便利ですね(笑

 ちなみに、この携帯電話のディスプレイは「有機EL」を採用しており、全く視野角は問題ありませんし、とてもくっきりと表示出来て綺麗です^^!これが、初の有機ELの導入となりました(^^ゞ

・・・ところで、テレビの方はSONYが11V(実勢価格:¥200,000)を出しただけで停滞していますが、そろそろもう少し大型のモデルが出そうですね(笑


 では、その機種の写真をどうぞ^^!

au S001 -1- この機種はスライド式で、ワンタッチで使用することが出来ます。この写真は、キーボード部分が収納されている様子。

au S001 -2- キーボード部分を引き出してみた様子。全く操作性には問題はありませんね(笑


 さて、先程記しましたが、この機種はSONYのサイバーショットと同様な機能が使える「サイバーショットケータイ」なので、この機種で撮影をした写真を付けておきます。参考までにどうぞ。

au S001 -3-↑朝顔を撮影してみました^^!もう、この画質なら全く本物のデジタルカメラと遜色はありませんね(笑

一応、参考までにEXIFデータを↓

撮影日:2009/10/11 8:33
絞り値:f/2.8
露出時間:1/33 秒
ISO速度:ISO-80
露出補正:0 ステップ
焦点距離:6 mm
測光モード:中央重点測光
EXIFバージョン:0220


 やはり、前のカメラとは全然違いますね(笑)!本当に、良い機種を選んだと思います^^!!!

■Panasonic・DMC-FZ38を購入しました(笑

 最近、本館の更新が滞り大変申し訳ありませんでした。別館の方へ集中していました(爆

 当本館はいつの間にか来客数が6,000名様を突破していたようですね(^^ゞいつもご覧になっておられる皆様には、大変感謝しております!是非コメントもして下さると幸いです(^^ゞ

 ところで、昨日当本館のテンプレートを変更してみました(笑)。「rakkachiba blog」のタイトルの所を自作の画像に変更してみました(笑)!実は、これがやりたかったのです(爆

 ちなみにその画像は、当本館で扱っている電化製品として背景をPanasonic・TH-20LX70の一部にして、小窓には当記事の話ですがPanasonic・DMC-FZ38を、花・風景として国道289号線「登山国道」の写真、そして夕焼けの写真、受信関係としてアンテナレベルの写真、そしてPC関連として執筆している自作PCのマザーボードの写真を配置したデザインとなっております。

 これで、当本館の雰囲気ががらりと変わりました(笑)!まあ、来客数が6,000名様を突破しましたので、丁度良い時期にテンプレートを変えることが出来たと思います(笑


 これからも、当rakkachiba blogをよろしくお願い致します。


 さて、随分前の話になりますが(汗)、今月の5日にデジタルカメラを新調しました(笑)!

 そのデジタルカメラは、PanasonicのDMC-FZ38です^^!

 一応スペックを書いておきます↓

 記録画素数:1210万画素
 光学ズーム:18倍
 ISO感度:最大ISO1600
 画像形式:JPEGとRAWに対応
 シャッタースピード:自由に設定可能
 絞り:自由に設定可能
 最大動画サイズ:720p(1280×720ドット)のハイビジョン
 最大動画フレーム:60fps
 最大動画ビットレート:17Mbps
 動画形式:AVCHD LiteとMotion JPEG(MOV)に対応


 まあ、スペックはこんな感じです。ちなみに、このデジカメはこの記事でお伝えした、8月21日にオープンしたヤマダ電機テックランドNew松戸本店にて購入しました。
 ちなみに、購入した日の1日前までオープンセールで¥40,800の20%ポイント還元だったのですが、購入した日は残念ながら既にオープンセールは終了し、通常価格である¥54,800の10%ポイント還元(確か)になっていました・・・(泣)!

 しかし、そのテックランドNew松戸本店の店員(実はそれがフロア長でした(^^ゞ)に何とか値引き出来ないかとお願いした所、何と¥46,800の10%ポイント還元に値引きして貰えました(笑

 まあ、オープンセールの時よりは少々高くなってしまったものの、十分な安さです(笑)!偶然話しかけた店員がフロア長だったことが幸いしました(笑)!!!

 フロア長、ありがとうございましたm(_ _)m!

 そして、そのデジカメで付いたポイントでPanasonicのSDHCカード(4GB)も購入しました(笑)!4GBあっても、写真のサイズが1210万画素で、とても大きいサイズなので、また結構ハイビジョン動画も撮影し、RAW画像も併せて撮影するので、すぐに一杯になってしまい、結構な回数でカードの内容をコピーしてから空にする作業をしています・・・(^^ゞ
 まあ、やはり32GB位無いと駄目なのですかね・・・(^ ^;)。相当高いですが(爆)。。

 ちなみに、このデジカメのタイプは通称“ネオ一眼”と呼ばれ、一眼レフと同様な機能を搭載しております。が、やはり一眼レフには性能的に及ばないようで、ISO400でノイズが発生し、最大のISO1600にしてしまうとノイズまみれになります・・・(^^ゞ
 ただ、前のカメラ(Panasonic・DMC-FX2)と比べると物凄く性能がアップしているので(当たり前(^ ^;)!)、前のカメラでは、最大のISO感度であるISO400に設定するとノイズまみれになってしまいますが(汗)、新調したカメラでISO400に設定しても、少しノイズが出る位で済んでいます(笑

 また、勿論前のカメラよりも写りが良くなったので、とても満足しています(笑)!また光学ズームも18倍と高倍率なので、前のカメラではデジタルズームを使わなければならず、画質が悪くなっていた所も、新調したカメラでは勿論画質の劣化無しに撮ることが出来ます(笑

 まあ、前のカメラは2004年8月に発売のカメラでしたので(汗)、相当性能が上がりましたね(笑)!まあ、高級モデルにしたのもありますが(爆


 それでは、そのレビューをどうぞ(笑

Panasonic・DMC-FZ38 -1- まずはパッケージ。ほとんど前のカメラ(DMC-FX2)のパッケージと変わらないですが、やはり高級モデルということもあり、高級感があるパッケージですね(笑)!

Panasonic・DMC-FZ38 -2- カメラ本体をパッケージの上に置いてみました(笑)!本体の色はブラックを選んでみましたが、その方が高級感があり、良い選択でしたね(大笑

Panasonic・DMC-FZ38 -3- もう少し拡大で(笑)。上にはステレオマイクがあります^^!ちなみに、このカメラはハイビジョン対応なので、本体に「HD」というロゴが刻印されております(笑

Panasonic・DMC-FZ38 -4- カメラを購入した時に付いたポイントでついでに購入したPanasonicのSDHCカード(4GB)です(笑)!実は、SDHCカードは初めて購入しました(笑
→SDHCカード対応のテレビとレコーダーはあるのですが、今までSDHCカード対応のカメラは持っていなかったので・・・(^ ^;)!

 ちなみに、今までPCにデータを移す際に使用していたカードリーダーは、SDHCカードに対応しておりませんので、カメラと直接USB接続し、データを移しています(^^ゞでも、転送速度は速いし、バッテリーも長持ちするので(使用してから一度もバッテリーが2つになったことが無い(笑)!)、特に問題はありませんね(笑

Panasonic・DMC-FZ38 -5- カメラの裏側を(笑)。このカメラの液晶画面は、勿論前のカメラより大きくなっているので(2.7型液晶)、とても見やすいです(笑)!ちなみに、このカメラにはファインダーも付いていて、本格的な撮影も可能です(笑

Panasonic・DMC-FZ38 -6- このカメラのポイントで購入した、SDHDカード(4GB)の本体。基本的に従来のSDカードと形は変わりませんが、フォーマット形式が変更されておりますので、SDHCカードに対応した機器で無いと読み込めません(^^ゞ

Panasonic・DMC-FZ38 -7- 最後に、このカメラのバッテリーを。前のカメラより大型化して、大容量なバッテリーを実現しました(笑)!そのおかげで、長時間の撮影が可能になりました(大笑


 まあ、こんな感じです。やはり、このカメラは良いですね(笑)!ファインダーが付いているので、しっかりと構えて撮影出来るので、ブレを抑えることも出来ますし、また高倍率なズームなので、色々な所で活躍出来るカメラですね(笑
 私といえば、ほとんどある用途でしか使いませんが、その用途での撮影も非常に楽になりました(笑)!やはり、高倍率なズームが幸いしておりますね(大笑

 まあ、もっと本格的に撮影したいのであれば、やはり一眼レフが良いとは思いますが、これでも十分ですね(笑)!やはり、いきなり一眼レフにするのは厳しい面もあると思うので、まずは“ネオ一眼”といわれるこのカメラを使ってから、一眼にする方が良いと思います(笑


 まあ、当分このカメラを使いますが、こだわって撮影したい時は、もしかして一眼レフに移行するのかも知れませんね(爆

 長々と、失礼しました。

■ダブルチューナー搭載Blu-rayレコーダーの比較(チャプター編)

 前回の記事に書いた通り、“ダブルチューナー搭載Blu-rayレコーダーの比較”の続きを行います。

 今回は、チャプター編です^^!

 今回も各レコーダーの写真を掲載致します(500GBモデル)↓

・パナソニック(DMR-BW850)
Panasonic DIGA 地上・BS・110度CSデジタルハイビジョンチューナー搭載 ブルーレイディスクレコーダー HDD500GB DMR-BW850Panasonic DIGA 地上・BS・110度CSデジタルハイビジョンチューナー搭載 ブルーレイディスクレコーダー HDD500GB DMR-BW850
(2009/02/01)
パナソニック

商品詳細を見る


・ソニー(BDZ-X95)
SONY 地上・BS・110度CSデジタルハイビジョンチューナー搭載ブルーレイディスクレコーダー HDD500GB BDZ-X95SONY 地上・BS・110度CSデジタルハイビジョンチューナー搭載ブルーレイディスクレコーダー HDD500GB BDZ-X95
(2008/09/27)
ソニー

商品詳細を見る


・シャープ(BD-HDW35)
SHARP AQUOS 地上・BS・110度CSデジタル ブルーレイディスクレコーダー HDD500GB BD-HDW35SHARP AQUOS 地上・BS・110度CSデジタル ブルーレイディスクレコーダー HDD500GB BD-HDW35
(2009/03/04)
シャープ

商品詳細を見る


2.チャプターの利便性

 パナソニック(DMR-BW850) ★★★★★

 ソニー(BDZ-X95) ★★★★★

 シャープ(BD-HDW35) ★


 まずはパナソニック。最初に言っておくと、パナソニックはほとんどチャプターは使えません(爆)。チャプターが使える条件は、「DRモードで、尚且つ本編がステレオ放送以外の時」です。・・・となると、例えばHLモードで録画した時は、チャプターが付かず、更には大抵の番組はステレオ放送なのですが、その場合は付かない・・・(汗)。要するに、2ヶ国語放送の映画位しか付かないという訳です(泣)。
 これは、私もDMR-XW100(DVDモデル)を使っているので分かりますが、相当使いづらいです(汗)。DVDに移す時、CMが付いていると相当うっとうしいので(所詮“早送り”されるところです(^ ^;)、その部分のみ削除したいのですが、そのようにチャプターが多くの場合に付かないということは、自分でチャプターを付けないといけないので、相当大変です(汗)。
 前にCEATEC JAPANに行った時に聞いたのですが、これは裏で何やら陰謀(?)があるから、チャプターは付けない、という訳だそうです(^ ^;)。まあ、このことについては、詳しく語りませんw

 そのことがあり、評価は2つ星です。
→確かにDMR-XW100ではほとんどチャプターは使えませんでしたが(汗)、このDMR-BW850からはしっかりとオートチャプター機能が搭載されているようです(苦笑)。。と、なるとしっかりと本編とCMを分けてくれますので、ソニーと同じくあまり気にしなくても良いかと思います。ですから、評価はソニーと同じく5つ星かと思います。

(09/11/26・追記)

 ソニーは、噂でも聞いている通り、とてもチャプターが効きます(笑)!自動的にチャプターが付くので、後はCM部分を選んで削除~♪(謎...すればおkですw

 おっと、言葉が乱れましたね(汗)。失礼しました。

 そのように、ほぼ付けてくれるので、あまり気にする必要はなさそうです。

 しかし、チューナー2で録画した時は、6分単位でしか付かないので不便ですが、普通にチューナー1で録画すれば大丈夫なので、良いと思います(笑)。

 勿論、5つ星です(笑)。

 シャープは、現在チャプター機能については調べていないので、今現在詳細はお伝え出来ません。詳細が分かり次第、追記でお伝えしますので、よろしくお願い致します。

~09/11/26・追記~

 シャープのBD-HDW35のチャプター機能に関してですが、残念ながら自動的に本編とCMを分けてくれるオートチャプター機能が搭載されていないようです(滝汗)。。その後出たモデルであるBD-HDW45ではオートチャプター機能が搭載されておりますが、20コマの誤差があるようです(滝汗)。。。

 ですので、BD-HDW35に関しては手動でチャプターを設定するしか無さそうです(> <;)。。。

 評価としては、1つ星かと思います。。

~追記はここまで~


 まあ、今回はこんな感じです。また続きは別の記事でお伝えします。

(09/11/26・追記を追加致しました。)
(09/11/26・一部文章を修正致しました。)

プロフィール

rakkaseinochiba

Author:rakkaseinochiba
rakkachiba blogへようこそ!

当ブログの管理人のrakkaseinochibaです。
お気軽に当ブログをご覧下さいませ。

NHKClock

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

JR北海道・Kitaca

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。