■2009年06月

■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■ダブルチューナー搭載Blu-rayレコーダーの比較(チャプター編)

 前回の記事に書いた通り、“ダブルチューナー搭載Blu-rayレコーダーの比較”の続きを行います。

 今回は、チャプター編です^^!

 今回も各レコーダーの写真を掲載致します(500GBモデル)↓

・パナソニック(DMR-BW850)
Panasonic DIGA 地上・BS・110度CSデジタルハイビジョンチューナー搭載 ブルーレイディスクレコーダー HDD500GB DMR-BW850Panasonic DIGA 地上・BS・110度CSデジタルハイビジョンチューナー搭載 ブルーレイディスクレコーダー HDD500GB DMR-BW850
(2009/02/01)
パナソニック

商品詳細を見る


・ソニー(BDZ-X95)
SONY 地上・BS・110度CSデジタルハイビジョンチューナー搭載ブルーレイディスクレコーダー HDD500GB BDZ-X95SONY 地上・BS・110度CSデジタルハイビジョンチューナー搭載ブルーレイディスクレコーダー HDD500GB BDZ-X95
(2008/09/27)
ソニー

商品詳細を見る


・シャープ(BD-HDW35)
SHARP AQUOS 地上・BS・110度CSデジタル ブルーレイディスクレコーダー HDD500GB BD-HDW35SHARP AQUOS 地上・BS・110度CSデジタル ブルーレイディスクレコーダー HDD500GB BD-HDW35
(2009/03/04)
シャープ

商品詳細を見る


2.チャプターの利便性

 パナソニック(DMR-BW850) ★★★★★

 ソニー(BDZ-X95) ★★★★★

 シャープ(BD-HDW35) ★


 まずはパナソニック。最初に言っておくと、パナソニックはほとんどチャプターは使えません(爆)。チャプターが使える条件は、「DRモードで、尚且つ本編がステレオ放送以外の時」です。・・・となると、例えばHLモードで録画した時は、チャプターが付かず、更には大抵の番組はステレオ放送なのですが、その場合は付かない・・・(汗)。要するに、2ヶ国語放送の映画位しか付かないという訳です(泣)。
 これは、私もDMR-XW100(DVDモデル)を使っているので分かりますが、相当使いづらいです(汗)。DVDに移す時、CMが付いていると相当うっとうしいので(所詮“早送り”されるところです(^ ^;)、その部分のみ削除したいのですが、そのようにチャプターが多くの場合に付かないということは、自分でチャプターを付けないといけないので、相当大変です(汗)。
 前にCEATEC JAPANに行った時に聞いたのですが、これは裏で何やら陰謀(?)があるから、チャプターは付けない、という訳だそうです(^ ^;)。まあ、このことについては、詳しく語りませんw

 そのことがあり、評価は2つ星です。
→確かにDMR-XW100ではほとんどチャプターは使えませんでしたが(汗)、このDMR-BW850からはしっかりとオートチャプター機能が搭載されているようです(苦笑)。。と、なるとしっかりと本編とCMを分けてくれますので、ソニーと同じくあまり気にしなくても良いかと思います。ですから、評価はソニーと同じく5つ星かと思います。

(09/11/26・追記)

 ソニーは、噂でも聞いている通り、とてもチャプターが効きます(笑)!自動的にチャプターが付くので、後はCM部分を選んで削除~♪(謎...すればおkですw

 おっと、言葉が乱れましたね(汗)。失礼しました。

 そのように、ほぼ付けてくれるので、あまり気にする必要はなさそうです。

 しかし、チューナー2で録画した時は、6分単位でしか付かないので不便ですが、普通にチューナー1で録画すれば大丈夫なので、良いと思います(笑)。

 勿論、5つ星です(笑)。

 シャープは、現在チャプター機能については調べていないので、今現在詳細はお伝え出来ません。詳細が分かり次第、追記でお伝えしますので、よろしくお願い致します。

~09/11/26・追記~

 シャープのBD-HDW35のチャプター機能に関してですが、残念ながら自動的に本編とCMを分けてくれるオートチャプター機能が搭載されていないようです(滝汗)。。その後出たモデルであるBD-HDW45ではオートチャプター機能が搭載されておりますが、20コマの誤差があるようです(滝汗)。。。

 ですので、BD-HDW35に関しては手動でチャプターを設定するしか無さそうです(> <;)。。。

 評価としては、1つ星かと思います。。

~追記はここまで~


 まあ、今回はこんな感じです。また続きは別の記事でお伝えします。

(09/11/26・追記を追加致しました。)
(09/11/26・一部文章を修正致しました。)
スポンサーサイト

■ダブルチューナー搭載Blu-rayレコーダーの比較(画質面編)

 私事ですが、昨日から部屋の配置換えを行っております。今までは家具がありすぎて身動きが少し取れなかったのですが(汗)、一部家具を撤去し、家具の配置の見直し(例えばこの執筆しているPCのデスクを、撤去した家具の所へ移転)を行いました。現在は別館の方で、色々製作記等について話させてもらっている鉄道模型のレイアウトは外しておりますが、現在は家具が散乱しているので(汗)、直してからレイアウトを戻そうと思っています。


 さて、今回はダブルチューナー搭載のBlu-rayレコーダーの各製品の比較を行いたいと思います。

 ブルーレイレコーダーを発売しているメーカーは、

 ・パナソニック
 ・ソニー
 ・シャープ
 ・日立?
 ・三菱


 等です。→一部うろ覚えなので、他にもあるかも知れません・・・(^ ^;)!

 尚、その中でパナソニック・ソニー・シャープの主要メーカーの中で、ダブルチューナー搭載シリーズの商品は、

 パナソニック:DMR-BW950(1TB)/DMR-BW850(500GB)/DMR-BW750(320GB)

 ソニー:BDZ-X100(1TB)/BDZ-X95(500GB)

 シャープ:BD-HDW40(1TB)/BD-HDW35(500GB)/BD-HDW32(320GB)

 となります。

 一応その製品の写真を(500GBモデル)↓

 ・パナソニック
Panasonic DIGA 地上・BS・110度CSデジタルハイビジョンチューナー搭載 ブルーレイディスクレコーダー HDD500GB DMR-BW850Panasonic DIGA 地上・BS・110度CSデジタルハイビジョンチューナー搭載 ブルーレイディスクレコーダー HDD500GB DMR-BW850
(2009/02/01)
パナソニック

商品詳細を見る


 ・ソニー
SONY 地上・BS・110度CSデジタルハイビジョンチューナー搭載ブルーレイディスクレコーダー HDD500GB BDZ-X95SONY 地上・BS・110度CSデジタルハイビジョンチューナー搭載ブルーレイディスクレコーダー HDD500GB BDZ-X95
(2008/09/27)
ソニー

商品詳細を見る


 ・シャープ
SHARP AQUOS 地上・BS・110度CSデジタル ブルーレイディスクレコーダー HDD500GB BD-HDW35SHARP AQUOS 地上・BS・110度CSデジタル ブルーレイディスクレコーダー HDD500GB BD-HDW35
(2009/03/04)
シャープ

商品詳細を見る


 尚、今回は前にPanasonic・TH-L32V1を評価した時と同じく、各項目で5段階評価とさせて頂きます。

1.MPEG-4/AVCで録画した時の画質面

 パナソニック(DMR-BW850) ★★★★★

 ソニー(BDZ-X95) ★★★★

 シャープ(BD-HDW35) ★★★★☆


 どれも基本的に良いです。しかし、MPEG-4/AVC録画の場合は自身が開発したチップの性能により画質が異なってきますから、今回の評価はそれによる評価です。

 パナソニックは、初めてMPEG-4/AVC録画を実現したメーカーですから、とても良いです。今となっては、シャープが7倍録画を実現し、現在のパナソニックの5.5倍録画を上回ってしまっていますが、その分綺麗です。さすが、の一言です。勿論、5つ星です。

 ソニーは今まで画質が悪い、とあまり良くない評価でしたが(あくまでもパナソニックと比べて、ですよ(^ ^;)、最近は画質が向上しました。
 しかし、一番長く録れるモードでは、1440×1080ドットとなってしまうので(通常は1920×1080ドット)、減点です。
 しかし、中間位まではフルHDで録れるので特には問題無いと思います。

 画質は総合してみると綺麗です。しかし、その減点が響き、4つ星です。

 シャープは、今まで長時間録画モードが無く、あまり目玉とはなりませんでしたが、最近は元祖であるパナソニックをも凌ぐ“7倍録画”を実現し、一気に注目を浴びました。
 画質面では、最長の7倍録画でもフルHDのままで、とても好印象です。勿論、高精細な画質で、とても良いです。ただ、同社製のテレビと合わせると、少しぼやけた感じになるかも知れません。

 評価は4.5つ星です。

 まあ、こんな感じです。この項目だけで長くなってしまったので、また別記事にて続きをお伝えします。

■Windows 7のラインアップ

 このWindows 7カテゴリでは、Windows 7の詳細や、Windows 7の評価等についてお伝えします。


 さて、今回はWindows Vistaの後継であるWindows 7のラインアップについてお伝えします。

前OSであるVistaでは、

・Home Basic
・Home Premium
・Bisiness
・Ultimate
・Enterprise(新興国向け)


とこれがVistaのラインアップでしたが、今回のWindows 7では、

・Starter(ネットブック等へのプリインストールのみ)
・Home Basic(新興国向け)
・Home Premium
・Professional
・Ultimate
・Enterprise


とWindows 7では6つのラインアップを持つことになります。

 また、上位のバージョンでは下位のバージョンの全機能を持っており、例えばProfessionalはHome Premiumの全機能を含んでいます。VistaでのHome PremiumはBisinessの下位に当たりますが、Bisinessでは「Windows Media Center」等のマルチメディア機能を搭載しておりません。そのVistaのややこしいラインアップの位置づけにユーザーからのクレームが出たのか、今度のWindows 7ではとても分かりやすいラインアップの位置付けになっております。

 Starterはネットブック等へのプリインストール用、Home Basicは新興国向け、Home Premiumは主にホームユーザー用、Professionalはホームユーザーと企業向けで、Ultimateは全機能を網羅し、EnterpriseはSA(Software Assurance)を購入した企業向けという位置付けです。

 また、Vistaと異なる所が、Vista Ultimateと同等のエディションは、「Professional」となる所です。一応Windows 7にもUltimateがありますが、一般発売は無く、「Windows Anytime Upgrade」かプリインストールでの提供となります。また、このUltimateはWindows 7の全ての機能を網羅しておりますが、このUltimateは個人向けとなります。

 基本的に日本市場では、Home Premium・Professionalが主なエディションとなりそうです。

 また、今までWindows XPで提供されていたネットブックPCは、Windows 7が発売されてからは、Windows 7 Starterで提供される模様です。勿論、前回の記事でもお話しした通り、Windows 7はネットブックでも軽々動きますので、今回のようになった訳です。勿論現在でもWindowsシェア第1位はWindows XPですが、もう既に“2つ前のOS”ですから、さすがに新品で売っているネットブックにそのままXPで提供する訳にはいかないでしょう(^ ^;)

 やはり私が導入する時は最上位モデルであるUltimateを導入しようと思ったのですが、よくよく見てみたら、これはWindows Anytime Upgradeでの提供なので、やはり導入する時はProfessionalですかね・・・。それなら、一体Windows Vistaは何だったのでしょうかね・・・(汗)。

 でも、Windows 7はXPモード等があり、結構評判が良いので、発売が楽しみですね(笑)!あの「Windows ありがとうキャンペーン」の様にすぐ売り切れる位ですから、相当人気が出そうですね(爆)。

 一応発売は10月となっていますが、通常版で¥20,000位安くなっていますから(Windows 7 ProfessionalとVista Ultimateを比較)、DSP版ではとても安くなると思いますね。その時は良い機会ですから、新規にPCを自作して、そこにWindows 7をクリーンインストールしたいですねw

 長々と、失礼しました。

(※前回の記事まで文字を色付けしていましたが、それでは背景を変更した時に見えにくくなる可能性があるので、今回からは文字の色付けは極力抑えることに致しました。)

■Windows 7の必須スペックが相当上がっているのではないの・・・(汗)!

 最近は、なかなか本館へ手が付けられず、8日間も更新が空いてしまいました。最近、本館に書く話題が少なくありつつ、なかなか書けない状況となっております。しかし、別館に書く話題は比較的あるので、そちらでは約2日に1度の更新となっております。

 しかし、本当は本館を重視しないといけませんので、これからは少しずつ更新を増やしていきますので、よろしくお願い申し上げます。

 さて、いよいよ10月に待望(?)のWindows 7が発売されますね。Windows 7では、今までXP等で動いていたソフトとの互換性を確保した「XPモード」が目玉です。これにより、今まで使い続けてきたソフトとの互換性を考えて、Vistaへ移行出来なかった企業等が移行出来やすくなりました。ただ、完全には互換性問題は解決していないことは覚えておかないといけませんね。

 ところで、本日Windows 7の概要を見た所、Windows 7の必須スペックが相当上がっているのではないですか(当たり前!(^ ^;)!Vistaよりは軽くなり、あのネットブックでも軽々動くと言われていますが、この必須スペックを見ると、あまりそう考えられませんね(汗)。でも、動作としては軽くなっているとは思いますが・・・(^ ^;)。

一応Windows 7の必須スペックを書いておきます↓

CPU:1GHz以上(32ビット・64ビット対応)
メモリ:1GB(32ビット)/2GB(64ビット)
HDD:16GB(32ビット)/20GB(64ビット)の空き容量
グラフィックス:DirectX 9対応(WDDM 1.0以上のドライバ)


 いや~、前よりも上がりましたよね。。→当たり前ですが(爆)w
 特にメモリがVistaの時の512MBより倍(32ビットでは)ですからね。。。私の自作PCのスペックをもう少し上げた方が良さそうですね(汗)。まあ、7にする時は64ビットに移行するかも知れないので、その時は新規にPCを作った方が良さそうですね(爆)。

 今はパーツが安くなって来ていますし、この位のスペックでも手軽に組めるのではないでしょうか↓
CPU:Intel Core i7 920
メモリ:4GB(64ビット利用)
グラフィックス:NVIDIA Geforce 9600GT
HDD:1TB


 これにミドルクラスのマザーボードと他のパーツ一式を揃えても10万位で済みますからね(DVDドライブの場合)。今が買い時!ですね(^ ^;)。

 まあ、勿論資金を貯めてからでないと買えませんがね(爆)。

■Windows Updateで不明なエラーが発生(慌)。。。

 別館にも書いたことなのですが、17日にWindows Updateを行ったのですが、その中にMicorosoft Office 2007 SP2も含まれていて、それのみ何故か失敗してしまいました(汗)。。。

 ちなみに、エラー内容は、「エラーコード:80070643 Windows Updateで不明なエラーが発生しました。」です。Windows Update自身がUnknown(知らない)だそうです・・・!一応調べてみたら、何かのサービスを再開する等と書いてあったので、それに従ったのですが、効果出ずw・・・これは、迷宮入りです・・・(泣)!

Windows Update・不明なエラー↑このように、「失敗:1個の更新プログラム」と書かれていますが、それがMicrosoft Office 2007 SP2で、どうやっても上手くいきません・・・(泣)!

 それと、この失敗したアップデートを行った後、日本語変換機能(Microsoft Office IME 2007。Microsoft Office 2007 Personalに付属していた)が挙動不審になってしまったのではありませんか(慌)!!!

 例えば、「~致しました」と今まで1発で変換出来たのに、、「~いたしました」と変換されずになったり「~出来た」と入力したいのに、「~で来た」(しかも読みは「しゅつたいた」www)と誤変換されたり「変換」が「返還」に変換wされたり、「→」が「右」「来た」が「北」等酷い有様です・・・(泣)!

 多分、今まで蓄積されて来た変換データが消えてしまったのでしょう。。

 やはり、ATOKに乗り換えようかな・・・(爆)。

 あ、ATOKは阿波徳島で作っていますから、中国やら何やらの国で作っているMicrosoft IMEより変換精度が高いのは明白です。

 ただ、昔一太郎11を使っていた時にATOKを使っていたことがあって、やはり自分はIMEが使いたいという訳で現在までMicrosoftのIMEを使っていますが、最近になってここまで変換精度が悪いことに気付きました・・・(滝汗)!ブログの記事を書いている時に、謙虚に出ます・・・(泣)。

 やはりあの時にATOKに乗り換えておけば良かった、と後悔しています。。。

 でも、ソフトを買えば幾らでも乗り換えが出来ますからねwそんなに後悔する必要は無さそうです。

 話を戻しますが、このエラーは何なのでしょう・・・(^ ^;)。もしや、HDD容量(現在1.45GB)が原因かも知れませんが、それならエラー内容として出ますし、多分バグなのでしょう。

 ただ、Microsoftのサポートに出ていますし、結構起きている問題なのでしょう。

 後、Windows Vista SP2が最近公開されましたが、そのインストールに失敗する事例があるようです(汗)。これも「ERROR_NOT_FOUND(エラー不明)」ですので、やはりこれもバグだと思います。

 しかし、安定性・信頼性を高める為にあるService Packなのに、こんなバグが起きていてはアップデートしたくありませんね。上の写真の時の更新で、IE8にアップグレードされたのですが、試用してみた所、確かに前より使いやすくなっていて、セキュリティ機能も強化されていましたが(まあ、このご時世ですからw)、やはり総合的に考えると、現在愛用しているFirefoxが一番使いやすいですね。なので、IE8にアップグレードされましたが、引き続きFirefoxを使おうと思いますw

・・・・・ところで、このVistaでMicrosoft Updateにして、Office製品もアップデートするようにしたら、そのうち何故かこのようにインストールが失敗する更新プログラムが出てきてしまうのです(滝汗)。。。その時は今までOSを再インストール!していましたがw、さすがにそこまでしたくはないので、対策法を考えます。。。

 本当にこのエラーは不明です(泣)。何とか対策をして、上手くこのインストールを行いたいです。

Windows Vista ヘルプ・Windows Update エラー 80070643

Windows Vista サポート(この件に関するページ)

 Microsoftのこの話題に関するページです。是非ご覧下さい。

■システムドライブは何とか持ちこたえたが・・・!

 前回の更新から5日程経ってしまいましたが(^ ^;、その結果報告を。

 解決手段は、ピクチャフォルダの移行にしました。

 早速Cドライブからドキュメント等、他のフォルダの移行先であるDドライブへ移行。勿論、不安なので、バックアップはしました。

 そして、結果として。

 400MB位だったのが・・・!

移行後のCドライブ

・・・一応2.54GBにはなりましたが、でも空き容量が少ないという赤いゲージ。やはり新HDDを買った方が良いと思いますが(当たり前!(^ ^;)、いかんせんあまりお金に余裕が無いので、少し厳しいですね(泣)。

HITACHI HDP725050GLA360 《送料無料》
3.5インチ内蔵 シリアルATA-HDD
商品スペック
容量500GB回転数7200rpm
インターフェイスシリアルATA 300バッファ16MB
パッケージバルク品
TSUKUMO 商品詳細バッジ で 2009-06-15 に生成しました


↑500GB:¥5,280

Western Digital WD10EADS 《送料無料》
3.5インチ内蔵 Serial-ATA HDD
商品スペック
容量1TB1プラッタ容量333GB
回転数5400rpmインターフェイスシリアルATA 300
バッファ32MBパッケージバルク品
TSUKUMO 商品詳細バッジ で 2009-06-15 に生成しました


↑1TB・¥7,380

↑比較的安いのに(泣)。

■またシステムドライブが圧迫・・・!

 そうです。またシステムドライブ(Cドライブ)が圧迫してしまいました・・・!Cドライブが約400MB位になりました(相当やばいですね(汗))。

 実は、撮り貯めた鉄道関係写真があるのですが、その保存先(ピクチャ)がCドライブにあるので、圧迫してきて、最近はこのような状況になってしまいました。。

 ならば、新しいドライブを買うか、そのピクチャをシステムドライブ以外に移すかなのですが、最近は500GB¥5,380・1TB¥7,280と、大変安くなっているのですが、現在はそこまで買う余裕が無いので(汗)(他の関係に専念しています)、またの機会として、今回はそのピクチャをシステムドライブ以外に移してみようと思います。

一応現在の価格の500GB・1TBのHDDを↓

HITACHI HDP725050GLA360 《送料無料》
3.5インチ内蔵 シリアルATA-HDD
商品スペック
容量500GB回転数7200rpm
インターフェイスシリアルATA 300バッファ16MB
パッケージバルク品
TSUKUMO 商品詳細バッジ で 2009-06-10 に生成しました


↑日立GST・500GBHDD/¥5,380

HITACHI HDT721010SLA360 《送料無料》
3.5インチ内蔵 Serial-ATA HDD
商品スペック
容量1TB1プラッタ容量375GB
回転数7200rpmインターフェイスシリアルATA 300
バッファ16MBパッケージバルク品
TSUKUMO 商品詳細バッジ で 2009-06-10 に生成しました


↑日立GST・1TBHDD/¥7,280

(どちらもTSUKUMO ネットショップより)

 まあ、これはやはり問題なので、上に書いた対策をしてみたいと思います。

■【祝・日本代表W杯進出!!!】ウズベキスタン戦を苦しみながら勝利し、W杯進出を獲得した!!!

 昨日の記事で書いた通り、ワールドカップ・アジア最終予選のW杯進出が決まるウズベキスタン戦がありましたが、苦しみながら、見事1-0でウズベキスタンに勝利しました(笑)!!!

 これで、ワールドカップ出場が決定しました(大笑)!!!

 しかし、この試合は波乱に充ちていました。

 日本のある選手が、ただ相手を間違えて倒しただけ(ぶつかっただけ)でレッドカードを貰うわ、岡田監督が選手に指示していただけで退席処分を貰うわ、散々な試合でした。しかし、前半に奪った1点を相手に入れられそうな危ない状況でありながら、何とかその1点を死守し、W杯出場の栄冠をつかみました。

 まあ、このことは、ある意味“言葉の壁”があるのかも知れませんね。

 相手を倒しただけでレッドカードを貰ったのは、これは審判のやり方は個々違うので、一概には言えませんが(“中東の笛”もありましたが・・・(^ ^;→昔にw)、岡田監督の選手に指示していただけで退席処分を喰らったのは、言葉の壁と言えますね。

 日本語で選手に指示していたのだと思いますが(当たり前w(^ ^;)、余りにも大きな声で指示していたから(大きな声で無いと聞こえませんね(爆)w)、暴言と勘違いし、退席処分にしてしまったかも知れませんね。

 確かに言語が違えば、意味が分からないですし、仕方無いですね。ただ、サッカーは世界各国がやっていますし、そこで何回もこの問題が起きていては可笑しいと思いますね。

 言語が異なれば、その意味を知っていなければ、全く意味が分からないですし。

 まあ、こんな話はさておき(^ ^;、見事ワールドカップ出場を獲得した日本代表に大きな拍手を送りましょう!

 よくやった、ニッポン!!!

 しかし、これはただの通過点です。本ワールドカップにて優勝しないと意味がありません。いつも優勝から遠い日本。今回は優勝出来るのでしょうか。

 改めてエールを送ります。頑張れ、ニッポン!!!

 こんな感じで、締めさせて頂きます。本当に日本がワールドカップを優勝して欲しいですね。

■【アウェーからワールドカップへ!!!】本日、ウズベキスタン・アウェー戦でワールドカップ進出を願う!!!

 昔の記事を見てもらえれば分かるのですが、私は野球好きと受け取ってもらえると思います。ですが、本当はサッカーも好きです^^!ですから、今回はそのサッカーワールドカップアジア最終予選・ウズベキスタン戦をお伝えします。

 この試合は勝てばワールドカップ出場が決まります。今回は完全にアウェーで行う一戦です。ですから、ウズベキスタンにて試合が行われ、ウズベキスタンサポーターが沢山いる中での試合です。
 しかし、この試合さえ勝てば、W杯出場が決定します。ただ、完全アウェーですから、勝つのは相当難しいと思います。

 でも、つい最近行われたキリンカップで快勝したのですから、今回も大丈夫だと思います^^。

 この記事を執筆している時は、丁度キックオフされた時ですから、勿論どちらが勝ったか分かりません。勿論、日本に勝ってもらいたいです。

 またワールドカップの興奮を味わいたいです。遠く離れた日本から声援を送りましょう!


 頑張れ、ニッポン!!!

 

■【本館】来客数4,000名様突破!!!

 お知らせが遅れて、大変申し訳ありません。

 当本館は、来客数が4,000名様を突破しました!!!1日平均来客数が10名前後のあまり人気の無い(?)ブログではありますが、ご覧になっている皆様、大変ありがとうございます(笑)!!!

 現在は、本館の更新頻度が落ちて来ていますが、なるべく更新致しますので、どうかよろしくお願い致します。

 まとまりのないブログではありますが、これからもどうぞ当rakkachiba blogをよろしくお願い致します。

プロフィール

rakkaseinochiba

Author:rakkaseinochiba
rakkachiba blogへようこそ!

当ブログの管理人のrakkaseinochibaです。
お気軽に当ブログをご覧下さいませ。

NHKClock

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

JR北海道・Kitaca

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。