■2009年09月

■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■「地デジへの移行はお早めに!」というお知らせが多くなって来ましたが・・・!

 お久しぶりの受信関係記事です(^^ゞ

 さて、2011年7月24日(日)に終了するアナログ放送(昔は「アナログ放送」と言われませんでしたが・・・(^ ^;)から、デジタル放送へ移行するように、各局でCM・番組内(地デジマスコットの「地デジカ」を鹿として、番組内に登場し、その中で地デジの宣伝をする場合や、ニュース番組でアナウンサーの前のテーブルに地デジの宣伝を書いたり、CMから本放送に入る時に右上に地デジの宣伝をする等)で地上デジタル放送の「地デジへの移行はお早めに!」という宣伝をしていますが、それ以前に放置されているデジタル放送の問題が2つあります。

それは、

・同一ch中継局同士の混信で、正常に受信出来ない
・コピー制限問題

という2つの問題があります。

 まずは、「同一ch中継局同士の混信で、正常に受信出来ない」という問題ですが、私は首都圏(更に、東京に限りなく近い場所)に住んでいますので、このような問題は起きないのですが、地方ではこういう問題が発生している地域もあります。

 例えば、ある地域では、A中継局がC県、B中継局がD県にあるとします。A中継局では物理チャンネル17chでE局、B中継局では同じく物理チャンネル17chでF局を放送しています。C県のD県寄りでは、その物理チャンネル17chで放送しているE局が、同じ物理チャンネル17chで放送しているF局の混信により、度々受信レベルが落ちて正常に受信出来ません。

 という感じに、同じ物理チャンネルで放送している電波が混信をし、正常に受信が出来ないという問題があります。

 勿論その放送局は、今までのアナログ放送では正常に受信出来ていた場合がほとんどです。これでは、「地デジへの移行はお早めに!」と言われても移行したくは無いです。まずは、そういう混信問題を解決してから、「地デジへの移行はお早めに!」と言ってもらいたいですね。

 さて、次の問題は、大きな文字にして、更に赤色にして目立たせた位、最重要な項目です。

 それは、

・コピー制限問題です。

 これは、著作権保護を目的として、2004年から“コピーワンス”というコピーが出来ないようにする信号を放送波に混合しました。また、「B-CASカード」という暗号を解除するICカードをテレビに挿さないと、スクランブル(暗号化)が掛かって受信が出来ないようになりました。

 まあ、見るだけなら特に問題は無いでしょう。

 しかし、録画する際に色々と不便な面が出てきます。

 1つ目は、録画してDVD(BD)に番組をダビングしようとしたら、途中でエラーが出て正常にダビングが出来なかったので、もう一度ダビングしようとしたらその番組はHDDから消え失せていたという問題です。
 これでは、ダビングがしにくくなりますね。

 2つ目は、複数のDVD(BD)にダビングしようとしたら、1つのディスクに移動しか出来ないという問題です。

 これは、「コピーワンス(コピー1回のみ可)」という言葉通り、番組を録画(コピー)したら、既に1回コピーされているので、移動(ムーブ)しか出来ないという制限が付けられているので、1つのディスクにしかダビング(ムーブ)出来ないということに当てはまります。

 もし、ハイビジョンで保存することが出来るBlu-ray Discが無かったら、ダビングをしたらハイビジョンでは見られなくなります。

 そのことから、ユーザーからの苦情が多発し、地上デジタル放送を管理する総務省が「ダビング10」というコピー制限に変更し、コピー制限を緩和しました。

 このダビング10は、「9回のみコピー可、残り1回はムーブ」という制限が付けられています。これで、複数のディスクにコピーができ、更にはダビングに失敗しても番組が消えることがまず無くなった訳ですが、それでも解決しない問題があります。

 それは、

 「孫コピーが出来ない」ことです。

 孫コピーとは、ディスクにダビングした番組を、そのディスクから更にダビングすることです。これでは、一旦HDDから番組を移してまたHDDに戻そうとしても、移せなくなります。

 例えば、HDDの容量が圧迫して、コピー回数が残り9回(番組を録画したら、既に1回コピーされているので、9回になります)の番組をディスクに移したら、コピーが出来なくなるので、9回出来るコピーを損したことになります。これでは、ディスクに移したくありません。現に私のレコーダーは満杯のまま放置しています(滝汗)。。。


 デジタル放送は混信して映らない、コピーが不便で使いにくいという問題がありますから、デジタル放送に移行したくは無いでしょう。しかし、総務省はその問題を放置して「デジタル放送に移行しろ!」と突き付けて来ます。更には、総務省はデジタル放送に移行する際に掛かる費用は、原則的に負担しません(生活保護を受けている方には、デジタルチューナーを支給します)。

 これでは、今までのアナログ放送が良いと思ってしまいます。しかし、そのアナログ放送は右上に大きく「アナログ」と付けて見づらくしています。これは、完全にデジタル放送を押しつけているとしか言えませんが、その2つの問題が解決しない限り(特にコピー制限問題)は、デジタル放送に移行したくは無いでしょう。かくいう私は、既にデジタル放送に移行していますが・・・(^ ^;)。。。

 尚、このようなコピー制限を付けているのは、実は「日本だけ」なのです。あのハリウッドがあって、特に著作権に厳しいアメリカでさえ、デジタル放送はコピーフリーなのです。

 しかも、そのことを日本は「このことに関して、日本は進んでいる」と誇らしげに言っています。本当に、情けないとしか言い様が無いです。

 本当に、デジタル放送に移行させたいのなら、まずはそれらの問題を解決してから言って貰いたいです。


 しかし、無情にも時は過ぎ、後1年10カ月でアナログ放送は映らなくなります。ただ、ここに来てB-CASが独禁法違反疑惑で廃止?と言われていますし、今後の動向に注目です。


 本日は、文章が上手く書けずグダグダで長々とした文章、更にあまりにも厳しい文章、大変失礼しました。

<関連記事>

B-CAS問題・「ダビング10」問題の先がつかない・・・(当ブログの記事)
LS14TMH導入検討(当ブログの記事)
デジタル放送 「コピーフリー」の予感なし(当ブログの記事)

全て当ブログの記事です。コピー制限問題に関して書いております。ご参考までにどうぞ。
スポンサーサイト

■Panasonic・DMC-FZ38で撮影した写真のサンプル画像

 昨日、Panasonic・DMC-FZ38のレビューをしましたが、そのカメラで撮影したサンプル画像を付けるのを忘れていました・・・(^^ゞ!

 なので、今回の記事で公開致します(笑

DMC-FZ38のサンプル画像 Panasonic・DMC-FZ38で撮影したサンプル画像。植物を撮影してみました(笑

この画像の詳細データです(リサイズでEXIFデータが消えてしまったので、書いておきます(^^ゞ)↓

絞り値:f/2.8
露出時間:1/40秒
ISO速度:ISO-80
焦点距離:5mm
最大絞り:3
35mm 焦点距離:27
色の表現:sRGB


 まあ、こんな感じです。前のカメラ(Panasonic・DMC-FX2)より高精細に撮ることが出来ますね(笑)!また、シャッタースピード(露出時間)等が自由に設定出来るので、暗くても何とか撮影することが出来ますし、また3M以下のサイズになりますが、ISO6400の高感度撮影も可能ですし(通常撮影時、3M以下では無い場合(例:12M)は最大ISO1600)、夜でも大丈夫だと思いますよ^^!一眼では無いので、高感度撮影時のノイズが目立ちますがね・・・(^ ^;)。。

■Panasonic・DMC-FZ38を購入しました(笑

 最近、本館の更新が滞り大変申し訳ありませんでした。別館の方へ集中していました(爆

 当本館はいつの間にか来客数が6,000名様を突破していたようですね(^^ゞいつもご覧になっておられる皆様には、大変感謝しております!是非コメントもして下さると幸いです(^^ゞ

 ところで、昨日当本館のテンプレートを変更してみました(笑)。「rakkachiba blog」のタイトルの所を自作の画像に変更してみました(笑)!実は、これがやりたかったのです(爆

 ちなみにその画像は、当本館で扱っている電化製品として背景をPanasonic・TH-20LX70の一部にして、小窓には当記事の話ですがPanasonic・DMC-FZ38を、花・風景として国道289号線「登山国道」の写真、そして夕焼けの写真、受信関係としてアンテナレベルの写真、そしてPC関連として執筆している自作PCのマザーボードの写真を配置したデザインとなっております。

 これで、当本館の雰囲気ががらりと変わりました(笑)!まあ、来客数が6,000名様を突破しましたので、丁度良い時期にテンプレートを変えることが出来たと思います(笑


 これからも、当rakkachiba blogをよろしくお願い致します。


 さて、随分前の話になりますが(汗)、今月の5日にデジタルカメラを新調しました(笑)!

 そのデジタルカメラは、PanasonicのDMC-FZ38です^^!

 一応スペックを書いておきます↓

 記録画素数:1210万画素
 光学ズーム:18倍
 ISO感度:最大ISO1600
 画像形式:JPEGとRAWに対応
 シャッタースピード:自由に設定可能
 絞り:自由に設定可能
 最大動画サイズ:720p(1280×720ドット)のハイビジョン
 最大動画フレーム:60fps
 最大動画ビットレート:17Mbps
 動画形式:AVCHD LiteとMotion JPEG(MOV)に対応


 まあ、スペックはこんな感じです。ちなみに、このデジカメはこの記事でお伝えした、8月21日にオープンしたヤマダ電機テックランドNew松戸本店にて購入しました。
 ちなみに、購入した日の1日前までオープンセールで¥40,800の20%ポイント還元だったのですが、購入した日は残念ながら既にオープンセールは終了し、通常価格である¥54,800の10%ポイント還元(確か)になっていました・・・(泣)!

 しかし、そのテックランドNew松戸本店の店員(実はそれがフロア長でした(^^ゞ)に何とか値引き出来ないかとお願いした所、何と¥46,800の10%ポイント還元に値引きして貰えました(笑

 まあ、オープンセールの時よりは少々高くなってしまったものの、十分な安さです(笑)!偶然話しかけた店員がフロア長だったことが幸いしました(笑)!!!

 フロア長、ありがとうございましたm(_ _)m!

 そして、そのデジカメで付いたポイントでPanasonicのSDHCカード(4GB)も購入しました(笑)!4GBあっても、写真のサイズが1210万画素で、とても大きいサイズなので、また結構ハイビジョン動画も撮影し、RAW画像も併せて撮影するので、すぐに一杯になってしまい、結構な回数でカードの内容をコピーしてから空にする作業をしています・・・(^^ゞ
 まあ、やはり32GB位無いと駄目なのですかね・・・(^ ^;)。相当高いですが(爆)。。

 ちなみに、このデジカメのタイプは通称“ネオ一眼”と呼ばれ、一眼レフと同様な機能を搭載しております。が、やはり一眼レフには性能的に及ばないようで、ISO400でノイズが発生し、最大のISO1600にしてしまうとノイズまみれになります・・・(^^ゞ
 ただ、前のカメラ(Panasonic・DMC-FX2)と比べると物凄く性能がアップしているので(当たり前(^ ^;)!)、前のカメラでは、最大のISO感度であるISO400に設定するとノイズまみれになってしまいますが(汗)、新調したカメラでISO400に設定しても、少しノイズが出る位で済んでいます(笑

 また、勿論前のカメラよりも写りが良くなったので、とても満足しています(笑)!また光学ズームも18倍と高倍率なので、前のカメラではデジタルズームを使わなければならず、画質が悪くなっていた所も、新調したカメラでは勿論画質の劣化無しに撮ることが出来ます(笑

 まあ、前のカメラは2004年8月に発売のカメラでしたので(汗)、相当性能が上がりましたね(笑)!まあ、高級モデルにしたのもありますが(爆


 それでは、そのレビューをどうぞ(笑

Panasonic・DMC-FZ38 -1- まずはパッケージ。ほとんど前のカメラ(DMC-FX2)のパッケージと変わらないですが、やはり高級モデルということもあり、高級感があるパッケージですね(笑)!

Panasonic・DMC-FZ38 -2- カメラ本体をパッケージの上に置いてみました(笑)!本体の色はブラックを選んでみましたが、その方が高級感があり、良い選択でしたね(大笑

Panasonic・DMC-FZ38 -3- もう少し拡大で(笑)。上にはステレオマイクがあります^^!ちなみに、このカメラはハイビジョン対応なので、本体に「HD」というロゴが刻印されております(笑

Panasonic・DMC-FZ38 -4- カメラを購入した時に付いたポイントでついでに購入したPanasonicのSDHCカード(4GB)です(笑)!実は、SDHCカードは初めて購入しました(笑
→SDHCカード対応のテレビとレコーダーはあるのですが、今までSDHCカード対応のカメラは持っていなかったので・・・(^ ^;)!

 ちなみに、今までPCにデータを移す際に使用していたカードリーダーは、SDHCカードに対応しておりませんので、カメラと直接USB接続し、データを移しています(^^ゞでも、転送速度は速いし、バッテリーも長持ちするので(使用してから一度もバッテリーが2つになったことが無い(笑)!)、特に問題はありませんね(笑

Panasonic・DMC-FZ38 -5- カメラの裏側を(笑)。このカメラの液晶画面は、勿論前のカメラより大きくなっているので(2.7型液晶)、とても見やすいです(笑)!ちなみに、このカメラにはファインダーも付いていて、本格的な撮影も可能です(笑

Panasonic・DMC-FZ38 -6- このカメラのポイントで購入した、SDHDカード(4GB)の本体。基本的に従来のSDカードと形は変わりませんが、フォーマット形式が変更されておりますので、SDHCカードに対応した機器で無いと読み込めません(^^ゞ

Panasonic・DMC-FZ38 -7- 最後に、このカメラのバッテリーを。前のカメラより大型化して、大容量なバッテリーを実現しました(笑)!そのおかげで、長時間の撮影が可能になりました(大笑


 まあ、こんな感じです。やはり、このカメラは良いですね(笑)!ファインダーが付いているので、しっかりと構えて撮影出来るので、ブレを抑えることも出来ますし、また高倍率なズームなので、色々な所で活躍出来るカメラですね(笑
 私といえば、ほとんどある用途でしか使いませんが、その用途での撮影も非常に楽になりました(笑)!やはり、高倍率なズームが幸いしておりますね(大笑

 まあ、もっと本格的に撮影したいのであれば、やはり一眼レフが良いとは思いますが、これでも十分ですね(笑)!やはり、いきなり一眼レフにするのは厳しい面もあると思うので、まずは“ネオ一眼”といわれるこのカメラを使ってから、一眼にする方が良いと思います(笑


 まあ、当分このカメラを使いますが、こだわって撮影したい時は、もしかして一眼レフに移行するのかも知れませんね(爆

 長々と、失礼しました。

■【自作PC】新商品ラッシュの時期に入りましたね・・・(^ ^;)。

 最近、本館の記事の更新が滞り、大変申し訳ありませんでした。少し、別館の方に集中していたので・・・(^ ^;)。

 後、最近Youtubeに「rakkachiba blog Movie館」をオープンしました。こちらでは、主に鉄道動画を公開致しますが、たまに風景動画等を公開する予定ですので、ご興味がある方は是非ご覧下さいませ。


 さて、本題に入りますが、遂に自作PCの新商品ラッシュの時期に入りましたね・・・(^^ゞ

 既にIntelのCore i5(LGA1156)とCore i7のLGA1156ソケットタイプ(Core i7 870・Core i7 860)とそのLGA1156ソケット対応のIntel P55チップセット搭載のマザーボードが発売しましたし、更には10月22日に待望(?)のWindows 7が発売されますし、この時期は新規に自作PCを作るのに適した時期では無いでしょうか。

私もCore i7(LGA1156タイプ)とIntel P55チップセット搭載のマザーボードで新しく自作PCを作らないと・・・(汗)!

・・・ただ、今の所は当分無理ですね(泣

<参考>

Intel、LGA1156対応の新Core i7、Core i5を発表(IT Pro)
インテル「P55」搭載Core i5/i7対応の新型マザー大量デビュー(ASCII.jp)
Windows 7の発売日は10月22日(IT Media)

 今回の話である、LGA1156ソケットのCore i7とCore i5、LGA1156ソケット対応のIntel P55チップセット搭載のマザーボード、Windows 7に関してのサイトです。是非ご覧下さい。

■実効速度160Mbps出る、CATVインターネット回線に乗り換えましたが・・・!

 結構前の話ですが(^ ^;)、前にここで書いていましたが、実は8月中に実効速度が160Mbps出る、某CATV局のインターネット回線に乗り換えました(笑

 まあ、執筆している自作PCは1000BASE-T対応ですが、その自作PCに辿り着くのに、インターネット回線は無線LAN(IEEE802.11g規格。最大54Mbps)を経由していますし、更にはその自作PCの手前は100BASE-TXまでしか対応していないハブですし、やはり速度が落ちるのは仕方ありません。

 しかし、勿論インターネット回線以外は全く同じ環境です。前に100Mbps出る光ファイバー回線で測定した時には20Mbps位出ましたが、今回はその光ファイバー回線より60Mbps速いCATV回線ですが(下りは)、今回CATV回線で測定してみたら(インターネット回線以外は全く同じ環境)、何と・・・!


 前よりも遅くなっているのではありませんか(怒)!!!

 回線としては、下りは前の光ファイバーより60Mbps速い160Mbps出ます。しかし、前の光ファイバーより60Mbps速いのにも関わらず、前の光ファイバーより遅くなっています(滝汗)。。。


 これが、その証拠です↓

速度 - CATV回線

 このように、回線としては前の光ファイバーより60Mbps速い筈ですが、前よりも5Mbps遅い結果に(滝汗)。。。しかも、前に測定した時は、測定品質は86.1でしたので、その時に出た速度(20.02Mbps)より実際は速かった可能性もあります。

 しかし、今回CATV回線を測定した時の測定品質は、前に光ファイバー回線を測定した時より高い90.3でした。それでも、測定された速度が前の回線よりも遅い15.70Mbpsですので、前の回線よりも遅い結果になります(泣)。


 しかも、CATV回線の規格上、上りは10Mbpsしかありませんから、上りはガタ落ち(8.452Mbps)です(泣)。。。


 あの時、訪問してきた某ケーブルテレビの職員に、「前よりも60Mbps速い」と言われて、契約変更してしまいましたが、まんまと騙されてしまいました・・・(ToT)!

 実際に、「他のお宅では80Mbps以上出る」と言われたので、契約変更してしまいましたが、直接インターネットと有線で接続している他のPCでも、前は40Mbps以上出たのに、このCATV回線では30Mbpsしか出ません・・・(泣)!

 勿論、速度が安定していない可能性もありますが、何回も測定しても、最高20Mbps位しか出ません・・・(泣)!この160Mbps出るCATV回線は、前の100Mbpsしか出ない光ファイバー回線より、実際は同等か遅い結果になります・・・(大泣)!本当に、騙された・・・(ToT)!


 しかし、契約変更したばかりですが、光ファイバー回線で良い回線を見つけました。

 それは・・・!

 KDDIのひかりOneギガ得プランです(笑


 この光ファイバー回線は、160Mbps出るCATV回線(割引適用済)と利用料がほぼ同じで、前の光ファイバー回線(100Mbps)より10倍速い、1000Mbps(1Gbps)の速度が出ます(笑

 この回線は共有型で、回線が集中すると速度は落ちてしまいますが、元の速度が速いので(1000Mbps=1Gbps)、問題は無いです(笑

 しかも、それで利用料はCATV回線(割引適用済)とほぼ同じですから、すぐさま回線を変更したいですね(笑)!前に使っていたNTTの光ファイバー回線の家内配線が残っていますし、KDDIさんにはそれを利用してもらえれば良いですしね(大笑)!

 ただ、某ケーブルテレビさんには申し訳無いですが・・・(^ ^;)。


 まあ、準備が整い次第(どんな準備だよ(爆)!)、KDDIのギガビット回線(1000Mbps=1Gbps)に移行しようと思います(笑

プロフィール

rakkaseinochiba

Author:rakkaseinochiba
rakkachiba blogへようこそ!

当ブログの管理人のrakkaseinochibaです。
お気軽に当ブログをご覧下さいませ。

NHKClock

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

JR北海道・Kitaca

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。