■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■牧の野球人生 第2章 2・続き~第3章 1

  2・続き

 急病人が現れ、呪われていると心配するほど異常な事態になっている株式会社インターナショナルだが、死刑を求刑された東田被告の報道が毎日放送された。
「こちらはTWNワイドニュースです。速報が入ってきました。たった今、株式会社インターナショナルの元課長、東田一芳被告に死刑が求刑されました。東京地方裁判所から中継です・・・」
 これを機に、株式会社インターナショナルの株が大きく下落、東証から株式会社インターナショナルの名前は消えた。株式会社インターナショナルの株が廃止されたのである。
 遂に株式会社インターナショナルが廃業された。牧たちは別の会社に移ることになる。

 3

 牧たちは株式会社インターナショナルが廃業され、別の会社へ移ることになった。その会社の名は、「取引市場株式会社」である。この会社は、その名のとおり、株などの取引をやっている。前の株式会社インターナショナルと同じ業種である。もちろんここには野球チームが無いので、作ることにした。もちろんチーム名は「東京ホワイターズ」である。
 取引市場株式会社の社長、山平拓郎(やまひらたくろう)社長に申し上げたら、こう言われた。
「君たちは前の会社で野球をやってきたが、ここは別の会社なんだよ。そんなことに費やす余裕は無いのだよ。さっさと仕事に戻りなさい。」と断られた。
「はぁー、一体どうやって(野球チームを)作ればいいんだよ。」と牧が本音を漏らした。
「そうだね。どうすればいいか一緒に考えよう。」とチームメイトは言った。
 いつの間にか牧とはずいぶん仲が良くなっている。会社が廃業してもう一度(チームを)立て直そうという気持ちが強いからか、牧は本当のチームの一員になった。

 さて本当のチームの一員になった牧だが、チーム復活に向けて一生懸命に頑張っていた。牧は仕事では上司の贔屓(ひいき)になり、チームを作ってもらえるようにしていた。しかし、そんなことには気づいていない幹部らだった。
 いくら尽くしても作ってもらえない幹部に対し、牧は不満を抱いていた。
「あー、なんで作ってもらえないのかなー。いったいどうすれば作ってくれるんだ。チームを作ってほしい人はここにいるのに。」と不満を口にした。
 その時だった。そういう頑張りを聞いた幹部らが、しぶしぶチーム復活を了承してくれたのだ。牧たちは大いに喜んだ。
 さてその「東京ホワイターズ」の練習場所だが、何とプロ野球のチーム、「東京フォックス」の本拠地、九段下にある「靖国神社野球場」を練習場にしてくれたのだ。勿論、野球の試合も出来るのだ。東京フォックスとのスケジュールも組んでいる。まさに、社会人野球チームの中で、一番豪華な練習場所になったのだ。牧たちは靖国神社野球場で溌剌(はつらつ)とプレーした。
 この後牧たちは食事をしに近くの寿司屋に食べに行った。そこに居たのは明るそうな寿司屋の店長である。実は牧の親戚である。この野球のことを伝えると、
「私はあなた方を今まで応援していました。ですので、今度の試合は必ず勝ってください。応援に行きますのでよろしくお願いします。牧、応援してるよ!」と牧たちはエールをもらった。

 第3章・チーム復活

 1 

 チームが復活してしかもとても良い所でプレー出来るとあって、社会人野球界からの羨ましい目は途切れることはない。ちなみに、現在のチーム人数は31人である。
 その東京ホワイターズに嬉しい知らせが届いた。何と大きな平城京・・・というダジャレは置いといて…。何と社会人野球連盟に東京ホワイターズが再登録されたのである。これはその連盟とのやり取りである。
「もしもし、社会人野球連盟ですが。」
「(少し喜んで)はい、何でしょうか。」
「あなた方のチームは東京ホワイターズですよね。」
「はい、そうですが。」
「あなた方のチームが連盟に登録されたのでご連絡いたしました。」
「(感極まって)あ、ありがとうございますー。今後ともよろしくお願いいたしますー。」
「では、失礼しますー。」
そして、チーム部員にそのことが伝えられた。
「えー、皆様に嬉しいお知らせがあります。」
「(少し驚いて)何ですか。」
「我がチームが連盟に登録されました。」
「(大いに喜ぶ)ようやく登録されたぞー!」
 更に、試合の日程まで組まれた。全国社会人野球大会で会場は水道橋ドーム、5月24日の1回戦で対戦相手は「名古屋インプットストアーズ(愛知県)」である。
 チーム部員は靖国神社野球場で必死に練習した。
スポンサーサイト

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

プロフィール

rakkaseinochiba

Author:rakkaseinochiba
rakkachiba blogへようこそ!

当ブログの管理人のrakkaseinochibaです。
お気軽に当ブログをご覧下さいませ。

NHKClock

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

JR北海道・Kitaca

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。