■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■B-CAS問題・「ダビング10」問題の先がつかない・・・

 この話は、前にも書いたかと思いますが、一向に話が動いていないので書かせて頂きます。

 さて、B-CAS問題ですが、最近B-CAS廃止!?という話題が飛び交っていますが、B-CASが廃止になると暗号化も解除できませんので、事実上コピーフリーになるという事になります。しかし、そこは著作権団体が黙っている訳がありません。徹底対抗を繰り返して、廃止にはならないでしょう。しかし、コピーフリーはユーザーが願っていることですので、もう少し緩和にはなると思いますが、やはりB-CAS廃止はユーザーにとって嬉しいですので、ユーザーの声が、著作権団体に届いて、B-CAS廃止になる可能性もありますので、そこは承知の上でお願いします。

 もう一方の「ダビング10」問題ですが、これはこれで緩和したものですので、まあ良いのですが、しかしこれでも多くの不便は解消できていなくて、しかも全ての放送局で実施していないのです。

 その実施している放送局と実施していない放送局の一覧です。

 ・実施している放送局
  ・地上デジタル放送全般
  ・BSデジタル放送の無料・国営局(民放局・NHK等)

 ・実施していない放送局
  ・BSデジタル放送の有料局(WOWOW・スターチャンネルBS等)
  ・110度CSデジタル放送全般(全ての放送局)

 こんな感じです。後はCSデジタル放送もありますが、ここで話をしているのは最近のTVで受信できるデジタル放送3波(地上デジタル・BSデジタル・110度CSデジタル放送)について話しているので、これは除外です。しかしそのCSデジタル放送も対象外だと思います。

 分けてみると一目瞭然ですが、無料局ならまだしも、料金を払っている有料局でコピーワンスというのは、少し変だなと感じます。料金を払っているのならば、そこはコピーフリーか無理ならダビング10等に出来ないのでしょうかね。そうすると有料番組が至る所に流出!?になりますので、そこはそうなっているのかもしれませんね。

 しかし無料のコンテンツ(無料局の番組)は何故がちがちに暗号化で固めなければいけないのか、不思議です。これは、無料なので、コンテンツが流出されれば、視聴率が下がるということかもしれません。しかし、周りの国を見て下さい。どこも無料番組がコピーフリーではない国は無いのではありませんか。あのハリウッド番組ががちがちに管理されたアメリカでも、無料局の番組がコピーフリーではありませんか!そう、無料局の番組でコピーフリーにしていないのは日本だけなのです。だから日本は遅れているのです。しかも総務省は「このことについて日本は進んでいる」と言っているのですからね・・・。まあ、BD・DVDのようにがちがちに管理するのは良い事ですが、無料局の番組までつけるのはいかがしたものです。せめてアメリカのように、無料局の番組はコピーフリーにする等してほしいですね。

 例えばこんな時に不便です。

 外出先で見るようにポータブルオーディオ機器(iPod等)に番組を転送する時、アナログ放送しか出来ない事です。しかもそのアナログ放送は2011年7月24日(日)までに終了しますし、現在でも番組冒頭に「アナログ放送は2011年7月24日(日)までに終了します」と大きくテロップが出るし、もしくは「これはアナログ放送です」と大きくテロップが出るしという状態です。それで嫌だからデジタル放送を転送しようとなった時、「この番組は再生できません(もしくは転送できません)」という事になりますから、これは一大事です。しかも地上デジタル放送は全てUHF帯を使っていますので、あまり電波が飛びにくいことです。ですから遠距離受信も難しくなり、電波が関東全域に行き渡らないから新東京タワー建設や(東京・墨田区に建設予定)、東京タワー延伸のようなことになるわけです。

 しかもVHFアンテナや古いテレビはゴミになり、大量の廃棄物が出るし、それは環境にはよろしくありません。しかも新しいテレビやUHFアンテナの購入費用は全て自己負担だし(生活保護を受けている人しか購入費用を出してもらえない。しかもその生活保護を受けている人は格安チューナーしか支給してもらえない。新しいテレビは自己負担なのである)、余計家計に負担を掛けているしか思えません。

 まあ、その新しいテレビは自己負担ならば、番組をコピーフリーにするとかしないのでしょうかね。逆にユーザーを困らせているとしか思えません。しかも頼りの綱だったアナログ放送(昔はこう言わなかったのですよ(怒)!!)も2011年7月24日(日)までに強制終了をする等、余計苦しめているとしか思えません。しかも政府は解散で揺れる!?・定額給付金の行方は!?等、相当政府の機能がマヒしていますし、そのマヒした政府では派遣労働者を助けることが出来ないだと、大変「今」日本がおかしくなっております。立て直さなければ、国の機能がマヒしてしまうので、そこは頑張りましょう。

 「日本を救えるか」という事がキーワードになっていますので、良くお考えなさって下さい。勿論この話もB-CAS問題・「ダビング10」問題の話に繋がりますので、慎重にお考えなさって下さい。

 日本は遅れているとしか思えませんので、まずはデジタル放送をコピーフリー化!そこから入って行った方がよろしいかと思います。

 長々と失礼しました。
スポンサーサイト

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

■トラックバック

■地上デジタル放送 wiki

民放テレビも、24時間「アナログ」マーク朝日新聞... であることを示す「アナログ」というロゴマークを画面右上に原則として24時間表示する。NHKは常時表示しているが、民放はこれまで、ゴールデン・プライム帯(午後7~11時)の番組冒頭にのみ表示してきた。1?...

プロフィール

rakkaseinochiba

Author:rakkaseinochiba
rakkachiba blogへようこそ!

当ブログの管理人のrakkaseinochibaです。
お気軽に当ブログをご覧下さいませ。

NHKClock

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

JR北海道・Kitaca

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。