■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■鉄道模型新レイアウト工事中・・・(第9弾)

 まあ、少しずつ作っていっていますが、ここで、第9弾とさせて頂きます。

 今回は、

 ・ホームをKATO・近郊型島式ホームに取り換え
 ・それに伴い、線路配置変更
 ・バラスト敷き

 まあ、こんな所です。KATO・近郊型島式ホームをしっかり撮っていないので、端しかお伝えできませんが、ご了承願います。今度、そのレビューと共に、お伝えいたします。
 それでそのホームの導入で、ホーム幅が広くなり、前のようにC541-15等が合わなくなったので、案の定、線路配置を行いました。既にバラストを敷いてあるところは、剥がして線路変更を行っています。
 それで、線路配置変更を行い、ホームが設置出来るようになりました。パーツ類は付いていませんが、一応設置してみたところ、とてもしっくりくることに気付きます。対向式ホームの場合、JR武蔵野線の越谷レイクタウン駅のような床ですが、これは島式ホームですので、似たような感じは、JR京浜東北線の浦和駅のような感じです。浦和駅は、高架化工事に伴い、ホームが新製されたので、それで、これに似たような感じのホームになりました。

 まあ、余分な話はさておき、それで設置してみた様子がこちらです。線路のカーブの所から、ホームに向かって撮影をしています。ちなみに、既にバラストを敷いてあります。

新レイアウト第9期工事 -1- レイアウトの角から見た様子です。両線には、京浜東北線コンビが止まっておりますが、何度も説明したので、省略(^ ^;)。ホームのデザインが良いですね(笑)!正に欲しかったホームです!まあ、レールはTOMIXで、ホームはKATOという、合わないような感じになってしまいましたが、車両とホームの間隔さえ気をつければ、車両のドアの高さとホームの高さがピッタリ!選んで良かったです。ちなみに道路にはペリカン便(日通)!w

新レイアウト第9期工事 -2- 駅から少し行った所のバラストです。実物を観察して、気づいた事ですが、元々のバラストの色は、灰色なのですね。そこに、ブレーキ痕、すなわち錆。それがバラストに付き、線路の周りだけ茶色になったという事です。そこで模型でもそれを実現出来るか!ということで、線路周りは茶色、真ん中等のそれ以外はグレー(正確にはライトグレー)のバラストを敷いてみた所がこの写真です。実にリアルになりました。この色分けは、あるレンタルレイアウトでも使われているので、使える技法だと思います。まあ、単色だけでは、つまらないですからね(^ ^;)。

 まあ、こんな感じです。ここからは、バラストを詳しく見てみます。

新レイアウト第9期工事 -3- カーブの終わり位の所です。緑は既に植えていますが、それが良いアクセントになっています。そして、そこのバラストにも、色分けをします。真ん中がグレー、線路付近が茶色で敷きました。とても良い感じです。本当にこの技法を使うと、格段にリアルになりますね(笑)!

新レイアウト第9期工事 -4- そして最後にその灰色部分の終端部分です。さすがに中間地点では、複線間隔も縮まりますから、ほとんど灰色は無くなりますね。そこで、ここで灰色部分の終点としました。これでも、不自然では無いですね(笑)!

 まあ、こんな感じです。少しずつではありますが、レイアウトを作っていこうと思います。

スポンサーサイト

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

プロフィール

rakkaseinochiba

Author:rakkaseinochiba
rakkachiba blogへようこそ!

当ブログの管理人のrakkaseinochibaです。
お気軽に当ブログをご覧下さいませ。

NHKClock

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

JR北海道・Kitaca

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。