■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■【WBC】5度目の日韓戦、ことごとく抑えられた投手から勝利を奪い取った!!!

 やりましたねぇ!!日本が連覇!!!その時秋葉原で応援していました(爆)。

 概要です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 去る24日、WBCでの決勝である、日韓戦が行われた。日本の先発は岩隈、相手の韓国は日本がことごとく抑えられた、ボン・ジュングンである。このボン・ジュングンが先発の時は日本はほとんど打てていない。
 しかしその時でも当たっているバッターがいる。それは、ボン・ジュングンから3本ヒットを打った城島(マリナーズ)である。
 その城島のバットに期待しつつ、試合が始まった。

 まずは、そのボン・ジュングンから打って日本が先制して、3-0。そのまま、試合が進んだ。

 しかし、後半になって韓国が追い上げてきた。3-1、3-2とわずか1点差に。

 そして、9回裏。このまま抑えれば日本は優勝だ。その抑えに抜擢されたのは、あのダルビッシュ(日本ハム)である。

 しかし、フォアボール等、嫌な流れになり、2アウトながら1塁2塁の大ピンチ。

 そこにレフト前に運ばれ、3-3の同点。試合は振り出しに戻った。

 その時私は秋葉原で応援をしていた。周りからはため息がこぼれた。

 さて、その後は何とか抑え、10回表に。

 そこでは、キューバと韓国のユニフォームを着た、打てなかった英雄が、遂に目覚めた。

 2アウト2塁3塁。そこにバッターはイチローである。

 何度もファールで粘って、打球はピッチャーの間を抜け、センターに飛ぶ。一気に2塁ランナーも返り、5-3に。

 そして、10回裏。またもやダルビッシュで、いつもの投球を取り戻し、見事、連覇を果たした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 まあ、簡単に書けばこんな感じです。

 あまり、詳しくは覚えていませんが、ご了承下さい。

 いやー、見事連覇。凄いです。イチローが復活し、最後は英雄に。

 最後の会見でのイチローの言葉。名言です。

 「キューバのユニフォームを着、韓国のユニフォームを着、美味しい所だけ頂きました。御馳走様です。」

 いかにもユーモアあふれる言葉ですが、そこには深い意味が。

 最初の“キューバのユニフォームを着、韓国のユニフォームを着”というのは、打撃不振で打てなくて、あたかも自分が敵のチームにいるかのような錯覚を起こした、ということです。すなわち、自分が打てないせいで、チームの足を引っ張り、相手の勝利に貢献した、といった感じです。しかし、それでもチームメイトが支え、ことごとく勝利していった訳です。

 また、イチローはチームリーダーと言われていますが、そこで一言を言いました。

 「このチームにリーダーはいない。チームとして1つになって動いてくれればそれでいい。」

 そう、リーダーはいなく、チームとしてまとまって動いてくれれば良いのです。そのおかげで、打線が繋がりました。

 そんでもって、韓国戦にも勝利し、見事連覇を果たしました。

 しかし、WBCにこれほど力を注いでいるのは日本だけなのです。他の国は、五輪に力を注いでいますが、その五輪では正式種目から外れ、北京で五輪野球は終了しました。

 アメリカでさえ、一流選手は来ず、言い方は悪いですが、くずの集まりのチームです。

 韓国は、五輪でメダルを手に入れれば、徴兵制が免除される、ということで、あの五輪で、うずくまった選手がいるのをご存知でしょうか。
 そう、勝ったことで、兵隊にならなくていい、そのあまりの嬉しさに、うずくまってしまいました。その時、日本の稲葉(日本ハム)は、「これでは勝てるわけが無いな。」と言いました。

 そう、力を入れる所が違ったので、北京では日本が敗れ、WBCでは日本が連覇したのです。

 CMでも、WBCでは相当な宣伝をしています。そこから見ても、力の入れ具合が分かるのです。

 北京では、海外組が1人も来ないという惨事にあい、惨敗を喫しました。

 しかし、WBCでも韓国は相当強いです。それで、2度負けました。

 歴史が浅い韓国でも、確実に日本に追い付いている、と感じます。

 その後は、韓国が一番強くなる可能性がありますが、そこは日本も追いかけましょう。

 さて、話がそれてしまいましたが、WBCで、日本が連覇を果たした、ということをお伝えしました。
スポンサーサイト

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

プロフィール

rakkaseinochiba

Author:rakkaseinochiba
rakkachiba blogへようこそ!

当ブログの管理人のrakkaseinochibaです。
お気軽に当ブログをご覧下さいませ。

NHKClock

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

JR北海道・Kitaca

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。