■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■あの記事は、冷静に考えれば、そうではなかったようです(汗)。

18日の記事
↑この記事の話です。

 18日の記事に、鉄道を無料化するよりは、高速道路を無料化した方が良いという趣旨の記事を書きましたが、それは冷静に考えたらそうではないようでした(汗)。

 それは、皆様でも冷静に考えれば分かることだと思います。とにかく、とても“単純”です(^ ^;)。

 まず、高速道路無料化は、あくまでも、高速道路のみです(汗)。すなわち、東京近辺で言えば国道6号線・環七道路等の一般道は無料化されません。勿論、これも冷静に考えれば、元々無料ですからね(^ ^;)。
 しかし、自動車だと、いちいち出先まで持っていかないといけなく、やはり面倒だし、しかも自動車を持たない主義の方(汗)は、どうしても無料化の恩恵は受けません。

 しかし、鉄道無料化は話は別です。単純に考えれば、鉄道無料化は“鉄道全般”に対して言っているのですから、いつも朝晩はラッシュで苦しめられる通勤電車や、のんびりと郊外へ出かけられる近郊列車(ディーゼル等のローカル線も含みます)、はたまたその近郊列車の所をハイスピードで駆け抜けていく急行・特急列車、更には専用の鉄道線を時速300Km/h以上で駆け抜ける新幹線等々、“全てが無料”になる訳です(^ ^;)。これは、冷静に考えてみたら、相当な経済効果ですね(苦笑)。
 まあ、いつも通勤・通学には勿論鉄道は利用している訳で。実際は定期券を購入し、それを使って乗っている訳ですが、もし鉄道が無料化になると、その定期券すら購入する必要が無いので、その分は他のことにつぎ込める訳です。

 勿論、無料化になることで、いつもラッシュ状態になったり、お金が無いホームレス(失礼な(^ ^;)!)等も乗ってくる訳で、快適に乗車出来る状況にはならなくなります。
 しかし、“無料で”何処かに行けるのですから、休日には、“無料で”例えば東京から大阪へ旅行したり、気軽に楽しめる訳です。


 しかし、現実の話だと、“どう財源を確保するかが重要”になってきます。勿論、これだと収入が入ってきませんし、一瞬にして鉄道会社は倒産に追い込まれます。

 その場合、今でも行われている広告を出してもらえる代わりにお金を寄付するスポンサーを、もっと増やすか、もしくは“国が手助けするか”になると思います。

 しかし、今は国は大荒れ。“小沢降ろし”、更には“麻生降ろし”が吹き荒れるこの状況。手助けしてもらえる状況では無いです(汗)。

 しかも、年金や定額給付金で分かる通り、国はお金を貰うのは素早いが、渡すことになると中々渡しません(まあ、誰でもそうですよね(笑)!)。その様に、国から手助けを貰うのはほぼ諦めた方が良いとは思います。

 ですから、鉄道無料化は、鉄道会社自身が努力して、実現していくしか無いのです。

 しかし、実現したら、相当な経済効果になると思います。まあ、ほとんど無理でしょうが(爆)、実現して欲しいですね(笑)!

・・・・・特に、今まで日本で1番高い鉄道会社と言われた、某北総鉄道(まんま出しているがな(爆)!→関西弁?(^ ^;)がそうなって欲しいですね(汗)。→現在は、初乗り運賃(~2Km)¥200(^ ^;)!
スポンサーサイト

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

プロフィール

rakkaseinochiba

Author:rakkaseinochiba
rakkachiba blogへようこそ!

当ブログの管理人のrakkaseinochibaです。
お気軽に当ブログをご覧下さいませ。

NHKClock

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

JR北海道・Kitaca

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。